社員インタビュー/Noriko Nagata

この仕事で一番のやりがいを感じる瞬間は、
子どもたちの成長をチームや保護者と一緒に
共有しながら、喜べるところです。
長田則子

社員インタビュー

マイステップではたらく社員に、入社理由や担当する仕事内容と、その面白味・やりがいなどを聞きました。

  • MyStepに入社を決めたきっかけは?

    新規事業所のオープニングスタッフというところに興味を持ちました。これまで教育に携わってきた経験が活かせるだけでなく、「仕事」をゼロから立ち上げていく過程に携われるということは、現場の仕事の土台となる「理念」や「理想」を共有化してチームとして働くことができる職場だと感じ、ぜひチャレンジしたいと感じました。

  • 仕事のやりがい、面白さはどんなところですか?

    この仕事で一番のやりがいを感じる瞬間は、子どもたちの成長をチームや保護者と一緒に共有しながら、喜べるところです。とくに、子どもたちが抱える社会性やコミュニケーションスキルに関する課題は、彼らの生活や身の回りの人たちの関わり方に直結しています。そこに成長や発展が見られると、担当指導員とのやり取りに変化が見られるだけでなく、周りで見守っている指導員、保護者の方も実際の生活での変化を実感してくださって、子供たちの成長を一緒に喜んでいます。

  • 仕事が難しい、厳しいと思うところは、どんなところ、場面ですか?

    子どもの特性が一人ひとりによって違うので、その子が持つ特性に応じた指導や内容を組み立てたり、言葉がけの内容を変えたりするところに難しさを感じます。同じ内容のことを伝えるにしても、「この子にはこういう表現、内容の方がいいのでは?」と子どもたち一人ひとりを想像しながら、シミュレーションしながら学習内容を組み立てています。うまくいくときもあれば、そうでないときもあります。内容や指導方法をふり返ったり、先輩指導員に相談したりしながら、試行錯誤しています。

  • どんなところで自身の成長を感じますか?

    子どもたちと接しているとこちらの予想を超えた反応が返ってきたり、驚かされたりすることがあります。ときには、学習が計画通りに進まないこともあります。初めは、その都度、心の中で動揺しつつも顔には出さないように対応を考えていました。気持ちだけが逸ってしまうこともありました。いまは、少しずつ余裕をもって臨むことができるようになってきています。学習という空間は目の前にいる子どもと私の空間なので、思い切ってその空間を楽しむことも意識していきたいです。

  • 谷口さんが思う、MyStepのよいところはどんなところですか?

    ワークライフバランスを重要視していて、仕事とプライベートのオン・オフを保てるところです。上司より早く出勤して遅く退勤するとか、自分の仕事が終わっていてもほかの人が残っているのでなんとなく残業しないといけない、などの暗黙な慣習はありませんし、お昼休憩も時間がズレることはあっても、取り逃してしまうこともありません。必要な場合は残業もありますが、多くはありません。時間内はしっかりと働いて、休む時は休むというメリハリのついた働き方ができています。

  • 仕事を通じて挑戦したいことは?

    MyStepはこれから成長、発展していく会社です。規模が大きくなったり、新規店舗が増えたり、色々な展開が待っています。その成長に合わせて、私自身も複数店舗で指導に入ったり、マネジメントに関わったりできるような幅広いスキルを身につけていきたいと考えています。

NEXT

谷口直彦Taniguchi Naohiko