社員インタビュー/Noriko Nagata

この仕事で一番のやりがいを感じる瞬間は、
子どもたちの成長をチームや保護者と一緒に
共有しながら、喜べるところです。
長田則子

社員インタビュー

マイステップではたらく社員に、入社理由や担当する仕事内容と、その面白味・やりがいなどを聞きました。

  • MyStepに入社を決めたきっかけは?

    新規事業所のオープニングスタッフというところに興味を持ちました。これまで教育に携わってきた経験が活かせるだけでなく、「仕事」をゼロから立ち上げていく過程に携わることができるということ、仕事の土台となる「理念」や「理想」を共有化してチームとして働くことができる職場だと感じ、ぜひチャレンジしたいと感じました。

  • 仕事のやりがい、面白さはどんなところですか?

    子どもたちの成長をチームや保護者と一緒に共有しながら、喜ぶことができるところです。
    発達に特性を持った子どもたちの健やかな成長には、保護者の方々、園や学校の先生方、私たち支援に関わるサポーターの関わり方が大きく影響してきます。子どもたちの人生に大きな影響を及ぼす役割であるという自覚と責任が必要な反面、子どもたちの成長を実感できて、子どもたち自身がそのことを口にしてくれた時には、それまでの努力や苦労がすべて報われる思いがします。
    子どもによって個別カリキュラムを編成するのは難しいですが、それは仕事に対する責任感と面白さにもつながっていると感じます。

  • 仕事が難しい、厳しいと思うところは、どんなところ、場面ですか?

    発達上の特性は子どもたち一人ひとりによって異なります。ですので、全く同じ学習支援を行えば同じ学習効果が得られる、子どもたちが同じスキルを習得できるといったことはありません。一人ひとりの特性に応じて指導や内容を組み立てカリキュラムを立てること、そしてそれを進捗に合わせて細かく調整しつつ進めることに難しさを感じます。
    また声をかけるタイミング、声掛けの内容・言葉の選び方にも気を遣います。その子にとって最良の支援の方法を常に考えながら進めなければならないところには仕事の難しさだけでなく、厳しさも感じます。

  • どんなところで自身の成長を感じますか?

    当初は子どもたちの想定外の反応や、それに対応することでカリキュラムが計画通りに進まないことに対して焦りを感じることも時にはありました。しかし今ではほとんどそういった焦りを感じることはありません。
    また、設定した課題を、時間内で子どもたちと一緒に達成することに喜びと充実感を感じられるところに自分自身の成長を感じます。

  • 長田さんが思う、MyStepのよいところはどんなところですか?

    職員のワークライフバランスをとても大切にしていて、仕事とプライベートのオン・オフをきっちりと保てるところです。
    また、巷で良く耳にするような「上司より早く出勤して遅く退勤する」とか、「自分の仕事が終わっていても他の人が残っているので帰りにくい」などといったことはありません。残業も時にはありますが、月間10時間を超えるようなことはほとんどなく、皆、効率的にチームワークで仕事をするように心がけているといったところが、良いところだと思います。

  • 仕事を通じて挑戦したいことは?

    MyStepはこれから成長、発展していく会社です。規模が大きくなったり、新教室が増えたり、様々な展開が待っています。
    その成長に合わせて、私自身も複数教室で学習支援に入ることもあると思います。そういった動きができるようなスキルを身につけることと、幅広いマネジメントに関わることのできるようなスキルを磨いていくことに挑戦したいと考えています。

NEXT

谷口直彦Taniguchi Naohiko