HISTORY

1890年

出版社として誕生

増進堂・受験研究社は、明治23年(1890年)に初代 岡本増次郎が自身の名前を1字とって「岡本増進堂」として創業。
教養や趣味の本、次いで講談小説を出版。当社の第一号出版物である『男の手紙文』は、 本を通じて、多くの人へ礼節や品性といった基礎教養を身につける機会を提供したいという想いが込められています。

マイステップジュニアのなりたち

大正時代

子どもたちに親しまれる書籍を

学習参考書の出版を開始。商号「受験研究社」が生まれます。 小学用の参考書・問題集の出版に力を注ぎ、『木山の長帳』『木山の模範読方』など全国の書店を通じて幅広い層の子どもたちに親しまれました。

戦時中

時代に合わせた学びを支援

紙の消費量が多い学習参考書の出版を控えるように国から依頼された時期もありましたが、 戦後まもなく学習関連の出版を再開。
戦地から復員する人々の就職を支援するため当時は珍しかった『公務員試験準備書』や『就職試験問題集』などの出版も行い、多くの人々に愛用されました。

マイステップジュニアのなりたち
マイステップジュニアのなりたち

高度経済成長期

家庭学習の底上げをサポート

子どもたちの学習をサポートしたいという想いから学年をまたいで復習や先取りもできるように複数学年を一冊に纏めた日本初の教材として「自由自在」を発刊。
家庭学習や受験勉強のパートナーとして多くの子どもたちや学習塾などで利用されました。

現在

学ぶすべての人に最良の学びを届ける

時代と共に学ぶ内容やスタイルは変化しますが、“学ぶすべての人へ最良の学びを届ける”という理念のもと、常にその時代の「最良の学び」とはどういうものかを自問自答をしながら、挑戦と創造を続けてきました。
そして2021年11月、発達に特性のある方々へも「最良の学び」を届けたいという想いから、「株式会社 My Step」は誕生しました。
学習だけでなく、社会で生きていくために必要な多様な学びのあり方を追求し、それらの学びを通じて『自分にもできる』という自信を身につけ、自身の未来への希望を抱いてもらいたい― 私たちは、学び続けることが人々の心に希望を生み、それが日本そして世界のより良い未来につながると信じています。

マイステップジュニアの現在イメージ

Business content

  • 障害福祉事業児童発達支援・
    放課後等デイサービスの運営
    (子ども向け)

  • 個別教育事業
    (子ども向け)

  • 障害福祉事業
    (大人向け)

  • 人材研修・
    コンサルティング・
    人材派遣事業